Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市・森町のフラダンス教室『ナーレイオカパライ』

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Nā Lei O Kapalaiのブログへようこそ♡
お教室のご案内はホームページをご覧ください
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Choreography クムの振付

先週の今頃は

いつもより3度以上高い熱にフーフーうなされておりました(^_^;)

 

naleiokapalai.hatenadiary.com

 

お陰様でもうすっかり元気ですが

いやぁ、さすがに身体がびっくりしたらしく

『気合いだ!気合いだ!』

って言ってないと、しばらく普通に歩けない感じでした(全身に力が入らなかったんですね)

リカバリー、時間かかりました~!

 

さて

一週間放置していた、習ってきた曲の振り譜を

ようやくせっせと描いています

 

私は言葉と絵と両方書く派なんですが

クムは全て言葉のみで書いてくれます

 

始めの頃はその書いてある字の意味が分からなくて(;^_^A

動きを理解するまですごく時間がかかったのですが

最近は、ようやくスムーズに絵が浮かぶようになりました

 

今回しみじみと感じたのは 

クムの振付能力の凄さ

 

ハワイアンミュージックって、時々拍が増えたり減ったり

お決まりのリズムで進まない場合も良くあるんですけど

 

何が起きようと、実にさら~~っと

綺麗に振りが入ってくるんです

1拍ずれている?って思っていてもいつの間にかちゃんと辻褄が合うというか

むしろそれが目を惹きつける動きになるというか

空間認知能力に長けているとでもいいましょうか

 

クムを知っている人には分かると思いますが

ハラウの踊りは本当にさりげないんです

Subtle

派手さでびっくりすることはナイ代わりに

いつまでも夢見心地でうっとり観ていられる

そんなフラなんです(*´ェ`*)

 

よく生徒さんには話すんですが

大きく動くこと

速く動くこと

動く範囲を広げていくことは意外と簡単

 

だけど、小さなゆっくりとした動きを

柔らかい自然なモーションで表現することは

ものすごく難しい!

まるで呼吸するように自然に踏んでいるステップだって超難しい!

 

クムの振付を学べば学ぶほど

その難しさに身悶えする私です

 

そして、そんな私のお教室にご縁があって来てくださった

生徒の皆さまq(。・ω・q)(p・ω・。)p

一蓮托生です(笑)

私と一緒に、美しいフラを目指して踊っていこうね♡

 

f:id:naleiokapalai:20180606120019j:plain

@Maunakea