Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市のフラダンス教室『ナーレイオカパライ』

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Nā Lei O Kapalaiのブログへようこそ♡
お教室のご案内はホームページをご覧ください
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

フラノートを書く

 Aloha♡

いよいよ今週の木曜日、島田市でフラ体験会です

フラやってみたいなぁと思っている島田の皆さん!

是非遊びにいらしてください(*´▽`*)

naleiokapalai.hatenadiary.com

 

さて今日は

フラレッスンを進めていく上で大切な事のひとつ

自分でノートを書く

についてのお話を少し

 

レッスンではベーシックステップの練習をします

ステップは一朝一夕で覚えられるものではなく

時間をかけてゆっくりゆっくり身体に覚えさせていくもの

どのクラスでも必ず時間をかけて行います

 

そしてハンドモーション

フラの手の動きには『手話』のように一つ一つ意味があります

指の位置が少し違うだけで全く違う意味を持つこともあり

これも必ず覚えていって欲しいこと

 

この足と手の動きを組み合わせてHulaは出来ていて

ハラウによってフラスタイルはそれぞれ異なります

ダンサーは歌詞をメロディやビートに乗せて伝えるメッセンジャーです

 

これらを自分のノートとして書きまとめていきます

学んだフラの知識は大切な自分の財産

書き方にルールはありません

誰に見せるための物でもないので、自分が分かればOK

 

私自身もこれまで習った曲、すべて

ノートに書き残してあります 

あくまで一つの見本として、生徒さんには書き方をお見せしています

見たい子は声かけてね♡(o^-^o)

 

ノートに書くのは手足の動きだけじゃなくて

顔の向き、目線、手の高さ、肘の角度

歌詞の意味、作者の思い、その時クムが話してくれた話 など

出来る限り書き残していきます

 

わ!知らなかった!メモメモ!って慌ててノートに書こうとしたら

赤ペンでしっかり書いてあったこととか何度もあります(笑)

そう、人間って忘れるのです

だから書くのです

 

何だか色々難しいこと書いちゃったかもしれませんが

大丈夫、フラは誰でも覚えられるし誰でも踊れます

 

私もまだまだ修行中です

みんな一緒に頑張ろうね~~♡(´∀`)