Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市・森町のフラ教室♡ナーレイオカパライのブログへようこそ

   お教室のご案内・フラ無料体験のお問合わせは

Nā Lei O Kapalai のホームページ をご覧ください

ハワイでお酒を買った時のお話

今年のハワイの思い出話

 

アメリカは水よりビールの方が安い』

と、話には聞いていましたが

ビールが本当に安い!!

物によっては本当に水の方が高いかも

 

クラフトビール』レベルのビールの種類が豊富で安い!

1缶、1ドルちょっとくらい

日本の「一番しぼり」も日本より安い!

なぜ??(笑)

そんなわけで

毎年ステイ先にどどん!とビールを買込む私たちです

真ん中のヒゲおじさんの黄色いビールがヒットでした♡

 

これまで何の問題もなく購入出来ていたので

油断していた、ある日のこと

レッスンの帰りに寄ったとある有名スーパーマーケットにて

 

たまにはワインでもちびちびしようか♡と

デリと一緒に白ワインを一本持ってレジへ

 

「IDを見せてください」

 

はっ!!Σ(-∀-;)

 

そうです、忘れてました

ここはアメリ

お酒に関するルールは日本よりずっと厳しいんです!

ちなみに飲酒は21才から

海や公園などの公共の場でのアルコールは禁止されています

 

え~~何か年齢証明が出来るもの…

パスポートはステイ先に置いてあるし、えーと…

私も友人も持っているのは日本の免許証だけ

 

そう「昭和〇〇年〇月〇日生」のアレです

でもこれしか持ってないので見せたのですが…

 

「この数字はナニ?」

 

と、昭和の漢字のあとのナンバーを指して聞かれました

 

『えーとこれは日本独特の年の数え方で、西暦だと19〇〇年です!』

『ほら、私のが〇才上で19〇〇年生まれなの』

って、一生懸命説明したけどやっぱりダメで(^_^;)

 

お姉さん、とっても残念そうな顔で

「ん~ごめんなさいね、これでは分からないから売れないわ」

というわけでワインはあきらめた私たち

I'm so sorry!って何度も言ってくれて、とてもいい店員さん☆

 

…きっと

見た目であきらかにオバちゃんだってわかっているだろうに(笑)

その辺はきっちり働く素敵なお姉さんでした(天晴!)

 

というわけで

次回からパスポートのコピーは持ち歩こうと心に決めた私です

(コピーでいいかどうかわからないけど)

 

レストランでアルコールオーダーする際も

ID提示しなきゃいけないところもあります

これからハワイに行かれる呑んべぇの皆さまお気を付けを~(o^-^o)