Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市のフラダンス教室『ナーレイオカパライ』

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Nā Lei O Kapalaiのブログへようこそ♡
お教室のご案内はホームページをご覧ください
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

フィリピンのナース事情

先日、英会話での話の中で

みんながやりたい仕事に就いてると思う?

というトピックがありました

 

その中で聞いた、衝撃の事実

 

フィリピンではたくさんの看護学生がいて

毎年たくさんの看護師が誕生しているけど

病院が不足しているから看護師として働ける場所がなくて

だから彼女たちの多くは、例えばコールセンターとか

他の仕事についてせっかくの資格を生かせないでいるの

生活の為には働いていかなくちゃならないものね

 

も、もったいない!!!ΣΣ(゚д゚lll)

(って英語でなんて言うの!?)

 

日本では絶対的に看護師は不足していて

この超高齢化社会に向けて

ケアの必要な人口に対するマンパワーが足りなすぎて

医療の現場はいったいどうなってしまうの??

という状態なのに

 

看護師が働く場所がない!?

一生懸命高度な勉強をして知識を得て、資格を取って

ましてや彼らの多くは英語も話せるのに!

 

私は、思わず熱く語ってしまいました

 

お願いだから、フィリピンの看護師の皆さん!

 日本語を勉強して日本で資格を取って 

 日本で働いて~~~!!

 

そう簡単に事が運ぶわけではないとは思いますが

働く場所がない看護師さんがいて

働き手が足りない日本があって

もう、積極的に日本にそのパワーを誘致しましょうよ!って

 

本気で思った私です。

 

私たちにも必ず老いはやってきて

若者たちが今後もどんどん減っていく世の中です

なるべく医療の世話にならずにすむよう、健康でいないとね☆

 

f:id:naleiokapalai:20180509133243j:plain