Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市のフラダンス教室『ナーレイオカパライ』

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Nā Lei O Kapalaiのブログへようこそ♡
お教室&フラ無料体験のご案内は
ホームページをご覧ください
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
初めましてのご挨拶記事はこちらです

オンライン英会話、再開!

少し前から、オンライン英会話を再開しました

 

実に6年ぶりの画面越しの英会話は

レッスンスタートのボタンを押すのにびびったり

心臓がバクバクしたり

 

日本人は、ものすごく失敗を恐れるし

特に私たちの世代は

「みんなと同じことしなさい」「目立つことはするな」という教育をされてきたので

自分の考えを言うこと自体、ハードル高め

しかもそれが英語なんである

ハラウにおいて

自発的に話すことを自分に課して以降、英語での発言にだいぶ慣れてきたものの

まだまだ思うように言葉は出てきません

 

学校で習ってきたのはテストのための英単語や文法ばかりだし

『英検1級、TOEIC900点、でも英語話せない』みたいな方もいらっしゃるらしい

こんな英語エリートの方々でさえもコンプレックスを抱えてたり

なんならネイティブ並みにさらさらと話せる人でさえも

未だに英語わかんなくてうぐぐぐってなることもあるらしく

第二言語として言葉を学ぶのって

ゴールはないんだなぁってつくづくと思う

 

そして時々ふと

世界的にも難解な言語の一つである日本語を話せる私たちって

日本人として生まれてラッキーなんじゃない?ってすごく思ったりします

小学生の時の書き取りって、大事だったんだなぁ~とも

今からひらがなカタカナ漢字をゼロから覚えろって言われたら

なかなかの地獄よね(;^ω^)

 

オンラインの英語の先生はプロフィールを見て選べるのですが

私はほぼ『女性で・発音キレイで・笑顔が素敵』な先生を選んでます

反応が薄いと「あれ?通じてない?怒らせた?」とビビる小心者ゆえ(^^;

特にフィリピンの若い先生達は本当にキレイな英語を話し

尚且つとってもフレンドリーで可愛い方が多くて

私が男だったら、先生目当てに頑張っちゃうかも♡なんて思ったり(笑)

 

英語学習されてる方々の発信するSNSや動画を見ると

みんな頑張ってる、私一人が凹んでるんじゃないんだ~って励まされます

 

私は本当に語彙力が無くて、読解も時間がかかる

今日新しい単語を覚えても1時間後に忘れてる(;^ω^)

そんなことを繰り返しています

でも、やらないよりはいいはず!

自分の娘世代の先生達に励まされ、おかーさん頑張ってます!

この6年ぼーっとしていたのを猛省しつつ、今日もこのあとレッスン受けます!

 

さて、そんな中で最近手放せなくなってるのが老眼鏡

英語で言えば Reading glasses(こっちの方がかっこいい)

テキストを読み上げるレッスンの時などになくてはならないものに

 

100均で買った老眼鏡が大活躍中です

文庫本もコレ無しでは読めなくなってきた(;^ω^)

あと2.3個買って、そこら中に待機させておくべきか…