Nā Lei O Kapalai*てのひらにアロハを

静岡市・島田市・浜松市のフラダンス教室『ナーレイオカパライ』

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Nā Lei O Kapalaiのブログへようこそ♡
お教室&フラ無料体験のご案内は
ホームページをご覧ください
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
初めましてのご挨拶記事はこちらです

さりげなさ

モハライリマのフラは

とても、こう『さりげない

 

わざとらしさがなく、大げさでもなく

派手な動きも少なく、全てがとても自然です

 

フラを始めて間もなく

色んなハラウのフラを漁るように見るようになって

その中で

どうしても、何度見ても気になり

いつみてもその美しさにほぅ~っ♡となってしまったのが

モハライリマのその自然なフラでした

 

以前、クムの日本でのワークショップの際

大好きな通訳のYさんが伝え、教えてくれた英語

Subtle

「さぶとる」って読んだアナタ、お友達ね(笑)

発音は「サトー」に近い(各自お調べくださいまし)

 

意味は「微かな、巧みな、何とも言えない」等

クムが私たちに伝えたいフラのニュアンスがそこにギュッと詰まってる

 

『もっと、さりげなく踊りなさい』

 

力を抜いて、優しく、自然に

気合いが入れば入るほど身体は固くなり、大きな動きになる

頭の先から爪先まで

意識を持って動きをコントロールすること

身体は全部使う、休んでる箇所はひとつもない

そこに、その位置に手を、足を、とどめておくのも技術

そこを理解すると、フラは突然上手になる

・・・気がします♡

 

曲をいくつか覚えて踊れるようになったら

次は、どこをどう直せば素敵な動きにつながるか

どんどん先輩たちの真似をして

自分の中にとりこんでいってください

 

経験者さんも

どこを変えればより美しいフラになるのか

自分で気づくことが出来れば次のレベルに進めます

もちろん、私もお手伝いします

 

ずっと勉強、ずっと前進

だからフラは面白い♡